「迷子の犬を家に帰そう」プロジェクト   お問い合わせサイトマップ
   
概要
迷子犬をなくすために
飼い主明示の方法
効果
実施主体
プロジェクト進行中!!
実施予定
報告
記事01
記事02
帰そうバナー
★リンクはフリーです★
リンクいただいた場合は、
ご一報いただけると嬉しいです。

連携サイト・リンク
ALIVEバナー
地球生物会議「ALIVE」
ALIVEふくしまバナー
ALIVE ふくしま
ALIVEふくしまバナー
千葉まちづくりサポートセンター
 
 
かえそう-pj.net_タイトル
帰そうプロジェクトとは
応援します!動物行政
動物行政に力を入れている自治体様
ありがとうございます!
自治体の動物行政に携わるご担当者様へ
私たちにできること
個人や民間団体でも出来ることがあります。
一緒にがんばりましょう。
民間で出来ることを模索されている皆様へ
更新情報
 

<登録実用新案第3153980号>

迷子の愛犬、家に帰そう
団体が連絡先ホルダー開発

2009年9月12日 共同通信

愛犬の首輪に迷子札と注射済み票を—。動物保護団体「地球生物会議」(ALIVE、野上ふさ子代表)は、20日からの動物愛護週間を前に「迷子の犬を家に帰そうプロジェクト」として、飼い主の連絡先などを首輪に簡単に取り付けられるホルダーを開発、自治体を通じ普及に努めている。

狂犬病予防法は、市区町村への飼い犬登録や狂犬病予防接種の際に交付される鑑札や注射済み票の犬への装着を飼い主に義務付けているが、野上さんによると、装着に手間がかかることもあり、あまり守られていない。

その結果、捕獲・収容された犬の多くが飼い主が分からず殺処分されており、ALIVEの自治体調査によると、2007年度に全国の保健所などが収容した所有者不明の犬約8万9千匹のうち、飼い主に返還されたのは約1万7千匹(19%)。残る7万2千匹の大半が殺処分となった。

ALIVEは愛護週間に合わせ、関東を中心に1万個を配布予定。野上さんは「今後は各自治体にホルダーを購入、配布してもらい、殺処分減少につなげたい」と話す。詳しい情報はホームページ(http://kaesou-pj.net)に。
http://www.47news.jp/CN/200909/CN2009091201000117.html
(信濃毎日新聞夕刊 2009年9月11日)

------------ 以 上 -------------------

なお、インターネット上では、共同通信のサイトのほか、
東奥日報、河北新報、秋田魁新聞、福島民報、下野新聞、茨城新聞、新潟日報、信濃毎日新聞、山梨日日新聞、中日新聞、静岡新聞、北日本新聞、県民福井新聞、岐阜新報、京都新聞、神戸新聞、中国新聞、山陽新聞、山陰中央新報、新日本海新聞、徳島新聞、四国新聞、西日本新聞、大分合同新聞、佐賀新聞、熊本日日新聞、長崎新聞、宮崎日日新聞、などに掲載されています。




Copyright(C)2009-2011 「迷子の犬を家に帰そう」プロジェクト事務局 All Rights Reserved