経済的な観点から見ると

カジノにはいくつかの利点があることが分かります。しかし、プラス効果をもたらすものは何であれ、マイナスの効果ももたらす可能性があることにも注意する必要があります。

それでは、カジノの建設によって生じる不利益についてご説明します。

ギャンブル人口が増えると問題も増える

賭け事やギャンブルをすることで、特にカジノの近くに住む場合は依存症に陥る可能性があります。賭け事の誘惑に打ち勝つのは難しいものです。問題の発端は借金であり、カジノで勝った後に支払うと約束した場合です。賞金を獲得すると、もう一度賭けて戦略を練ろうとする気持ちになりがちです。それは、獲得した賞金は、もはや借金の支払いに充てることが出来ないと気が付くまで続くのです。

そして借金を何度も重ね、最終的には全財産を失う傾向があります。

カジノの規制が困難

特に、異なる地域に複数のカジノがある場合、規制が非常に困難になります。当局はカジノ関連の法律制定に際して最善を尽くすかもしれませんが、カジノを頻繁に訪れてチェックするのは難しく、必ず実行可能であるとは言えません。