「迷子の犬を家に帰そう」プロジェクト   お問い合わせサイトマップ
   
概要
迷子犬をなくすために
飼い主明示の方法
効果
実施主体
プロジェクト進行中!!
実施予定
報告
記事01
記事02
帰そうバナー
★リンクはフリーです★
リンクいただいた場合は、
ご一報いただけると嬉しいです。
ALIVEバナー
 

ホーム > 無料配付キャンペーン企画 > 福島県内6箇所の保健福祉事務所にて配付 

 福島県内6箇所の保健福祉事務所にて配付

●実施日時:09年10月6日〜11月17日
●実施場所:福島県内保健福祉事務所
●協力団体:ALIVEふくしま

福島県6箇所の保健福祉事務所内動物愛護担当部署に、ホルダー計400個を送付し、しつけ方教室、返還、譲渡の際に飼い主の方に配布して頂いています。11月10日までの配布状況をヒアリングしました。行政の方にも、飼い主の方にもホルダーは大変好評のようです。 ただしつけ方教室で配布する際は、その場で装着してもらえるよう指導をお願いしていましたが、あまり実施されていないため、できる限り実施して頂くよう重ねてお願いしました。

保健所名 どのような場所で配布したか 実施日時 配布
個数
感想・気付いた点

県北保健福祉事務所

返還 譲渡
来庁者に紹介、しつけ方教室

10月6日〜11月10日

約50

ばらまくのではなく、ホルダーを紹介し希望者に配布。今後開催するしつけ方教室では、時間が許す限りその場での装着をアドバイスしたい。

県中保健福祉事務所

しつけ方教室及び返還

10月2日
10月15日

12

今後も有効に使わせていただきたい。

県南保健福祉事務所

しつけ方教室

11月10日
11月17日

約20

貴重で有効なものを頂いた。今後も大切に使わせていただきたい。

会津保健福祉事務所

返還 しつけ方教室

 

23

ぶら下げ型の注射済票はじゃまになるため首輪に縫い付けていた人もおり、ホルダーを渡したら感激していた。動物取扱業の方と接する機会が多いので、紹介したい。

相双保健福祉事務所

返還 譲渡

10月6日〜11月10日

30

法律で所有者明示は義務付けられているが殆ど守られていないため、ホルダーによって装着する人が増えると思う。

いわき市保健所

しつけ方教室

10月24日

約20

学科の際に配布し、次週の実技の際ホルダーを着けてきてくれた人が複数いた。参加者は大変興味を持っていた。





《無料配付キャンペーン企画・トップページへ》



Copyright(C)2009 「迷子の犬を家に帰そう」プロジェクト事務局 All Rights Reserved