「迷子の犬を家に帰そう」プロジェクト   お問い合わせサイトマップ
   
概要
迷子犬をなくすために
飼い主明示の方法
効果
実施主体
プロジェクト進行中!!
実施予定
報告
記事01
記事02
帰そうバナー
★リンクはフリーです★
リンクいただいた場合は、
ご一報いただけると嬉しいです。
ALIVEバナー
 

ホーム > 犬が行方不明になったら 
犬がいなくなったら
■近所を探す
犬の名前を呼んで探したり、周辺の人々に聞いて回ることのほか、犬の写真をポスターにして貼らせてもらうなど、速やかに探しまわらなければなりません。

■警察に連絡を
地元の交番に保護された場合は、「遺失物」として記録され、地元の保健所か動物愛護センターなどに送られます。保護された直後なら交番や警察署に留められている場合もありますので、直ちに問い合わせてください。

■保健所に連絡を
保健所の犬抑留施設や動物愛護センター(自治体により名称が異なります)などで保護されている場合、施設の前の掲示板等に犬を収容したという情報が公示されます。まずは電話で犬の特徴や迷子になった場所などを伝えて照合してもらいます(夜間、休日等の場合は、翌開庁日の業務時間帯にご連絡ください)。

■隣接の保健所にも連絡を
犬が他の自治体で保護されていることも考えられます。近隣の市区町村を管轄する保健所へも直ちに連絡を入れてください。

■地元&近隣市区町村役場
自治体によっては、問合せ先は保健所ではなく市区役所か町村役場の犬猫担当部署(環境課とか)になっているところもあります。そのような地域では地元及び近隣の市役所・役場等にも連絡をしてください。

■ホームページで探す
保健所や動物愛護センターに収容された犬の情報を、ホームページ上で公開している自治体もあります。法的な公示期間は、わずか2日間です。急いでチェックしてください。

■個人宅に保護されていることも
個人の方が犬を保護して自宅に連れ帰っている場合もあります。そのような方は警察や保健所等に連絡をしていると思われますので、ホームページに該当する情報がない場合でも、警察や保健所等に問い合わせてください。

■動物病院で保護されていることも
交通事故などで負傷し動物病院に運び込まれていたり、なんらかの情報が入っている場合もあります。動物病院にも問い合わせたり、犬の写真入りチラシの掲示をお願いするとよいでしょう。

■清掃事務所にも・・
交通事故にあって死亡した場合は、市区町村の清掃事務所が回収している可能性があります。念のため、清掃事務所にも問い合わせてください。

■あきらめずに問い合わせを!
上記の保護や捕獲は、犬がいなくなってから数日後になることも少なくありません。一度問い合わせて見つからなくても、あきらめずに何度も問い合わせましょう。

 
犬が行方不明になったら

 <犬の返還について>

■警察署で保護されていた場合
警察署で見つかった場合、保護して警察に届け出てくれた方にはお礼をしましょう。

■保健所や動物愛護センターで保護されていた場合
犬を返還してもらう際に必要なもの:

  • 返還手数料:1頭につき3720円〜5700円(自治体によって異なります)
  • 犬の保管料:1頭1日につき400円〜680円(自治体によって異なります)
  • 犬の登録番号、注射済票の番号など
  • 登録していない犬の場合は、登録手数料3000円
  • 飼い主の身分証明書と印鑑
  • 連れて帰るための首輪、リード、ケージ等
 
犬が行方不明になったら

 <犬を迷子にすると、こんなにたいへん>

■犬にも大きなストレス

  • 帰れなくなったショック
  • 餌も水もない
  • 交通事故にあう危険
  • 捕獲されるショック
  • 長時間、運搬車で移送されるストレス
  • 見知らぬ場所の施設に見知らぬ犬と収容されるストレス
  • 体力の低下や病気になるおそれ
  • 飼い主が引き取りに来なければ処分される運命・・・

■飼い主もたいへん

  • 犬を方々探し回る
  • 警察や保健所などに電話をかけまくる
  • 行政への問い合わせは、土日祭日や業務時間外にはできないことのいらだち
  • 遠く離れた動物愛護センターに移送収容されていた場合は、車などで引き取りに行かなければならない
  • 返還手数料や保管費用の出費がある
  • 収容施設で感染症にかかった場合は、治療費が必要となる。

■行政もたいへん

  • 犬の捕獲のために出動
  • 所有者不明の犬として無料で引き取り
  • 犬を保健所あるいは動物愛護センター等まで移送
  • 捕獲・所有者不明犬の情報を公示
  • 飼い主が引き取りに来るまで保管
  • 飼い主が現れない場合は新しい飼い主捜し、貰い手がない場合は殺処分
  • 多大な人手と労力、経費がかかる(⇒税負担

犬は決して迷子にしないようにしましょう。
万一のために、
「安心だワン!ホルダー」をつけましょう。

 

 < 連絡先一覧>

■環境省・地方自治体連絡先一覧
地方自治体(都道府県・指定都市・中核市)の動物愛護管理行政担当組織一覧です。
http://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/3_contact/index.html

■全国動物愛護・管理センター・保健所一覧 2009年
迷子動物を探すときには、以下のサイトをご覧ください。
全国の収容施設の一覧がまとめられていて、たいへん便利です。
http://www.animalpolice.net/jititai/jititai2009/index.html

■全国市区町村一覧
市区町村のホームページにリンク
http://personlink.jp/link/cities/

■全国保健所一覧
全国保健所長会議 平成22年9月24日更新
http://www.phcd.jp/HClist/HClist-top.html

 
《ページのトップへ》

Copyright(C)2009-2010 「迷子の犬を家に帰そう」プロジェクト事務局 All Rights Reserved